KUON ODASHI LABORATORY(くおんお出汁研究所)の軸となる「ほねのおだし(ボーンブロス)」。

全国から厳選した材料でゆっくり丁寧に引いたほねのおだしは、素材からコラーゲンやたんぱく質、アミノ酸などの栄養が吸収しやすい形でたっぷり溶け出ています。

現在、KUONで製造しているお出汁は4種類。

  1. KUONほねのおだし鶏<肥後うまか赤鶏>
  2. KUONほねのおだし豚<朝霧高原放牧豚>
  3. KUONほねのおだし牛 白<ニード牧場 黒毛和牛>
  4. KUONほねのおだし牛 茶<ニード牧場 黒毛和牛>

 

すべての種類を1つづセットにした4パックセットです。

まずはお出汁の味の違いをお楽しみください。

 

<特徴>

KUONほねのおだし鶏<肥後うまか赤鶏>

鶏の旨味が詰まった分かりやすく美味しいお出汁。

焼き鳥屋さんで飲ませてもらう鶏ガラスープのような程よい濃さと強い旨味がお料理を引きたてます。お鍋のお出汁、ラーメンやそうめんなどの汁、ご飯を炊いても美味しい。そのまま、塩胡椒だけでも美味しくお召し上がりいただけます。

 

KUONほねのおだし豚<朝霧高原放牧豚>

 鶏と競う旨味とコラーゲン質が特徴。ラーメンの豚骨ほど濃厚でなくお料理にも使いやすい。

 臭みも一切なくて、お野菜の旨味もしっかり溶け出ているので、沖縄そばのお出汁や、豚汁、

 豆を煮たり、カレーのベースにしても美味しいです。豚バラと一緒にキムチチゲも◎

*実際の商品は95℃でじっくり煮るため写真ほど濁りはありません。

 

KUONほねのおだし牛 白<ニード牧場 黒毛和牛>

牛骨を血ぬき→湯でこぼし→髄や脂肪を除去→強火で3日間煮込んで作る白濁したお出汁。

韓国では「サゴル」と呼ばれています。ソルロンタン、プゴク、チゲ、テールスープ、韓国冷麺など韓国料理では出番が多い!でも韓国料理だけではなく、さらりと癖のないお出汁はお野菜のペーストとポタージュにしたり、さらに削り節で出汁をとってW出汁にしても相性抜群です。

 

KUONほねのおだし牛 茶<ニード牧場 黒毛和牛>

牛骨を血抜きしオーブンでこんがり焼いてから髄も一緒に3日間沸騰させずに煮込んで作るおだし。お野菜とコラーゲンを補うために豚足も一緒に煮ているため、旨味も強くプルプルしています。

煮込みハンバーグ、シチュー、ポトフ、カレーなど洋風な煮込みには相性抜群。

通常は固形のブイヨンなどを入れて煮ている場面で代用してください。優しく素材から出た旨味とコク味わっていただけます。

自家製ボーンブロスセット - KUONほねのおだし 4種(200g×4)

¥2,600価格
消費税込み
在庫残り4点
  • KUONほねのおだし鶏 200g/袋
    <肥後うまか赤鶏>
    鶏肉(熊本産)、鶏ガラ(熊本産)

     

    KUONほねのおだし豚 200g/袋
    <朝霧高原放牧豚>
    豚骨(静岡産)、有機玉ねぎ(兵庫県産)、有機にんじん(兵庫産)、有機にんにく(青森産)、有機しょうが(鹿児島産)、ローリエ、黒胡椒

     

    KUONほねのおだし牛 -白- 200g/袋
    <大分黒毛和牛 ホルモン・抗生剤不使用>
    牛骨(大分産)、牛すね肉(国産)

     

    KUONほねのおだし牛 -茶- 200g/袋
    <大分黒毛和牛ホルモン・抗生剤不使用>
    牛骨(大分産)、有機玉ねぎ(兵庫産)、豚足(静岡産)、有機にんじん(兵庫産)、有機にんにく(青森産)、有機生姜(鹿児島産)、ローリエ、黒胡椒